vagabond 2017/8/18

一瞬、ニンジンの中から出てきたのかと勘違いした。

良く考えりゃ、本体が括れて出てくるのが当然だよね。めったにない偶然の産物。幸運といえば幸運。まさしくそうなのだが、なんとなく心情的には、「死しても尚、変わらぬ約束を誓う爺ちゃんが贈ってくれた」と考えるのが良いと思うな。

GIGAZINE 2017年08月17日 21時00分00秒

失われたダイヤの指輪がニンジンから見つかる

2004年、畑作業の最中に失った婚約指輪が、ニンジンと共に引き抜かれるという出来事が起こりました。ニンジンはまだ小さい時に指輪の輪の中に入り、そのまま成長したようで、まるで指輪をはめているかのような姿だったとのこと。

‘It still fits’: Diamond ring missing since 2004 turns up on garden carrot – Edmonton – CBC News
http://www.cbc.ca/news/canada/edmonton/engagement-ring-found-on-carrot-alberta-1.4248131

Lucky carrot: Alberta woman finds mother-in-law’s lost ring on a carrot in garden
http://www.660news.com/2017/08/15/lucky-carrot-alberta-woman-finds-mother-in-laws-lost-ring-on-a-carrot-in-garden/

続きはリンクで

vagabond 2017/8/17

しゃーない(笑)。

鍵をこういう風にすると出るかもしれないっていう典型的なバグね。物理的なキーの余地を残さないからこうなるんだよ。スマートロック方式も良いが、物理的な鍵をきちんと生かして持っときましょうねっていう教訓だね。

あ、もしかして、インキーロックだった? なら最悪だな。

GIGAZINE 2017年08月16日 10時39分00秒

スマートロックがアップデート失敗で解錠不可となる最悪の事態が発生

Airbnbも利用を推奨しているWi-Fi接続型のスマートロック「RemoteLock LS-6i」が、ワイヤレスで行われたファームウェアアップデートの失敗が原因で、一部のユーザーがドアのロックを解除できなくなるという問題が発生しました。

Smart lock vendor accidentally bricks its own locks through firmware update – The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/8/15/16151798/lockstate-6i-software-update-break-lock

Faulty Firmware Auto-Update Breaks Hundreds of ‘Smart Locks’
http://thehackernews.com/2017/08/firmware-smart-locks.html

続きはリンクで

vagabond 2017/8/7

知ってた。写真に関して、iPhoneのほうがAndoridよりもすぐれてるの。

スマートフォンの出だしの時は、筆者もAndroidだった(HT-03Aだ。めっちゃ重くて熱っつくなるのな。懐かしいな)。順次バージョンアップしていたが、途中で、色合いや、シャッタースピードなんかがiPhoneと全然違うことに気づいた。写真に関しては、各社のAndroid初期モデルは、国産ガラケーよりも劣っていたと思えるほどだ。

今では、より贅沢になって、iPhoneで撮影の難しい、高倍率の望遠や夜間の撮影をどうにかしたいと思っていた。というのも、高スペック低価格帯のネオ一眼が充実してきたのを機に、NikonのB700(望遠60倍)をゲットしたのだ。おかげで(入門機というのもあって)、色々な撮影が簡単になっていいわー。これはiPhoneでは無理よ。

moon
2017/08/05 Nikon COOLPIX B700, 258mm, f/6.5 1/250s 一部トリミング

GIGAZINE 2017年08月06日 12時00分00秒

元Google役員が「iPhoneの方が写真撮影に向いているよ」と明快に爆弾発言、その真相は?

かつてGoogleで役員を務めていた人物が、Androidスマートフォンに搭載されているカメラはプラットフォームの制約上、カメラの性能に制限があり、ライバルであるiPhoneのカメラ性能に数年レベルで追いついていないと発言しました。

Ex-Google exec Vic Gundotra: iPhone camera’s years ahead of Android
http://mashable.com/2017/07/31/google-exec-says-iphone-camera-better-android/#E_U5vFtQ6gq3

続きはリンクで

vagabond 2017/7/26

swedish flag

そんなに悪い人ばかりじゃないってことか?

2015年に流出して、2016年まで事態収拾に動かなかったことを考えれば、平和ボケと言われればそのとおりなのだが、良くも悪くもさしたる敵がいないことを示唆している。国家としての成熟度と、隣国などとの関係性が大事なのだろう。証人保護プログラムの情報は洒落にならんが、大規模な犯罪などに使われなくてよかったね(知られていないだけかもしれんが)。

GIGAZINE 2017年07月25日 12時30分00秒

スウェーデン政府が間違ってほぼ全国民分の個人情報&軍の機密情報を流出させる

By Fredrik Rubensson

スウェーデンの報道機関によると、数百万人ものスウェーデンの輸送業者の個人情報や、国家の軍事機密である軍事要員に関するデータと防衛計画、証人保護の詳細などデータが流出し、スウェーデンは現在国家の安全保障上の危機に瀕しています。これらの機密情報を漏洩したのはなんとスウェーデン政府自身だそうで、スウェーデンのステファン・ロベーン首相はこの事態について「災害である」と語っています。

Swedish authority handed over ‘keys to the Kingdom’ in IT security slip-up – The Local
https://www.thelocal.se/20170717/swedish-authority-handed-over-keys-to-the-kingdom-in-it-security-slip-up

Sweden Accidentally Leaks Personal Details of Nearly All Citizens
http://thehackernews.com/2017/07/sweden-data-breach.html

続きはリンクで

vagabond 2017/7/24

楽しみっていやぁ楽しみなのだが、ちょいちょい入るつまらんシーンを入れないでくれって感じかな。デル・トロ監督がID4ファーストや日本の特撮ものが好きだというのは、映像を見ればよくわかる。だがしかしだ、小さい女の子がビービー泣いて、街中をうろうろするシーンは、ほぼ要らないだろう。圧倒的なサイズとパワーの前では、ほぼ無力に等しい存在なのだ。ただの幸運で生き延びたという非常に短い展開でよろしいかと思う。

それにしても、次回作がどうなるか知らないが、アイアンマンのテーマといい、パシフィックリムの前作といい、ラミン・ジャワディの音楽は秀逸だ。

GIGAZINE 2017年07月21日 13時15分00秒

「パシフィック・リム」続編の「Pacific Rim: Uprising」では第6世代イェーガーが主力か、「パイロット募集」映像公開

巨大ロボット・イェーガーと巨大怪獣がガチンコで戦う映画「パシフィック・リム」の続編「Pacific Rim: Uprising」では最新の第6世代イェーガーが主力となるのか、パイロットを募集する映像が公開されています。

Join the Jaeger Uprising – YouTube

続きはリンクで

vagabond 2017/7/19

知ってたこれ。ここ数年筆者は、Instagramに嵌っているので、枠が正方形のものが多いのだが、こうやってみるとシネマサイズの方が映像自体に何らかの意味を持たせやすいな。やはりものを見る眼が大事か。素人目にも、明らかに素晴らしい構図というものがあちこちに存在し、気づくかどうかで印象がガラリとかわってしまう。比較的わかりやすく近場のものだと
horizon
上と同じ一点透視法例:前田森林公園 2017/7/09 COOLPIX B700, 5mm,f/3.5,1/1000s 下側を少しトリミング
こんな感じになる。予測できる地平線のラインが見ている人の視点になることを意識すれば、比較的簡単に撮影できる。遠景を撮影する際、光や色の加減によるが、このラインを下側に置けば安定もしくは見上げるイメージ、上側に置けば不安定もしくは見下ろすイメージの構図となる。興味のある方は、やってみて。

GIGAZINE 2017年07月16日 12時00分00秒

動画撮影時の構図の取り方がよくわかる「The Night Of – Framing a Crime Drama

ゴールデン・グローブ賞3ノミネートの犯罪サスペンス「The Night Of(ナイト・オブ・キリング 失われた記憶)」はフレーミングを利用して視聴者に視覚的なアプローチを行っています。そこで、フリーランスで映像制作を行うZackery Ramos-Taylor氏はドラマ画面に三分割法のグリッドを入れ、映像がどのような構図になっているのかをわかりやすくしたムービーを公開。写真とは違い「動き」が入るムービーで、どのように構図を取ればいいのかがよくわかるようになっています…

続きはリンクで

vagabond 2017/7/5

そうなんだ!! 知らんかった。

相当時間はかかると思うが、是非、ローマ時代のレシピを再現して欲しいな。材料を現地調達できるローマンコンクリートは環境負荷も小さいと聞く。そうなれば、海に囲まれた地震大国のわが国でも使えるんじゃないだろうか。マグニチュードの大きい地震は無理だとしても、千年単位で経年劣化は避けられそうだ。

GIGAZINE 2017年07月05日 08時00分00秒

2000年もの耐久性を誇るローマ時代のコンクリートは海水の腐食によって強度を上げていた

コンクリートというと近代技術だと思いがちですが、実は古代ローマにも「ローマン・コンクリート」という建築材料が存在し、パンテオンやトラヤヌスの市場といった建築物で使われていました。現代のコンクリートの寿命は100年程度だと言われているところ、海中から見つかったコンクリートの構造物は実に2000年の年月に耐えたということで、「なぜこんなにも耐久性が高いのか?」と研究が進められていたところ、海水の腐食によって強度を上げるという仕組みだったということが最新の研究で発表されました。

New studies of ancient concrete could teach us to do as the Romans did
https://phys.org/news/2017-07-ancient-concrete-romans.html

Phillipsite and Al-tobermorite mineral cements produced through low-temperature water-rock reactions in Roman marine concrete | American Mineralogist
http://ammin.geoscienceworld.org/content/102/7/1435

ユタ大学の地質学者マリー・ジャクソン氏が行った研究によると、ローマン・コンクリートの結合力はその構造と海水に含まれるミネラルによるもので、コンクリートの隙間を海水が通り抜けることで、ミネラルの結合を強めるという構造とのこと。実際に、紀元後79年ごろにガイウス・プリニウス・セクンドゥスが記した「Naturalis Historia」という書物の中には、海水にさらすことで耐久性を上げることができるコンクリートの構造物について記されています…

続きはリンクで

vagabond 2017/6/23

i

By Geek Calendar

経済的余裕ということが一因かもしれないが、とりあえずナードじゃなくて良かったね。社交性の面において致命的にならなくてすむからな。

知っておられる方も多いと思うが、ギークとナードの違いは、双方とも日本語で言う「オタク」のイメージなのだが、「ギーク」には社交性があり「ナード」にはそれがない。クリエイティブ・クラスに到達できる気質なのがギークだ。

GIGAZINE 2017年06月22日 07時00分00秒

父親が高齢であるほど息子はギークになる傾向が強くなることが判明

人の性格を決定づける要因には先天性なものと、生活環境などの後天的な要因が作用していることが知られていますが、新たに発表された研究結果からは父親の年齢が高いほど息子は「ギーク」寄りな人物になるということが浮き彫りになっています。

King’s College London – Older dads have ‘geekier’ sons
http://www.kcl.ac.uk/ioppn/news/records/2017/06-June/Older-dads-have-%27geekier%27-sons.aspx

Older fathers have ‘geekier sons’ – BBC News
http://www.bbc.com/news/health-40340540

続きはリンクで

vagabond 2017/6/8

相変わらずおバカな映像をよく探している筆者ですが、ここまでの奴はそうそういないな。ホームラン級のバカといっても過言ではないだろうな。しかし、ジェリー・レッグはだめだろう(笑)。

GIGAZINE 2017年06月08日 20時00分00秒

1.8メートルの巨大風船に水を入れて豪快に割るスローモーションムービー

日々の何気ないシーンでもスローモーションのムービーで見てみると新しい発見があったり感動があったりします。そんなさまざまな気づきをもたらしてくれるスローモーションムービーをいろんなシチュエーションで撮影しまくっているのがThe Slow Mo Guysで、6フィート(約1.8メートル)もある巨大風船に水をパンパンに詰め込んでから割るというムービーを公開しています。

Crushed by a Giant 6ft Water Balloon – 4K – The Slow Mo Guys – YouTube

続きはリンクで

vagabond 2017/5/31

hans-vivek-219594

hans vivek https://unsplash.com/photos/meS9tfs9CWE

すごい手捌き。マジシャンとして一流なんだろう。

コインの瞬間移動は見たことがあるが、移動からの変化・花びらに変わるのはじめて見た。一枚ずつではなく、一気に一輪に変化するほうがより豪華で綺麗だったような気がするが、いずれにしても素晴らしいマジックだ。

GIGAZINE 2017年05月30日 19時00分00秒

手をかざすだけでコインがバラの花びらに変わっていくマジックが「信じがたい」として話題に

コインに手をかざすだけでコインが瞬間移動したり、バラの花びらに変化していったりするマジシャンのWill Tsai氏のマジックが話題となっています。アメリカのオーディション番組「America’s Got Talent」で披露されたマジックは、カードや覆いなどの隠すものがない状態で次々にコインが変化していく様子が魔法のように見える一方で、YouTubeのコメント欄はトリックの推測大会となっていました。

This is my performance on America’s Got Talent!… – Will Tsai – The Visualist

続きはリンクで