vagabond 2017/6/13

微妙だ。
筆者が若かりし頃の尖がっていた時分なら飛びついたかもしれない。カスタマイズ可能なのはいいのだが、ドットベースで描画できないのな。公式サイトを見る分には、白黒写真の部分加工のみ取り込み可ってことかな。カラーの電子ペーパーならこの値段でもありかもしれない。

engadget日本版 Munenori Taniguchi 17 時間前 in Wearables

ソニー、ベルトも電子ペーパーな腕時計 FES Watch U 発売。スマホで自分仕様のデザイン追加が可能

飽きっぽくてもこれなら大丈夫

ソニーが、電子ペーパー腕時計 FES Watch の新モデル「FES Watch U」を発表、販売を開始しました。2016年にソニーが運営するクラウドファンディング・通販サービスFirst Flightでキャンペーンを実施していたものの製品化で、文字盤だけでなくベルト部分も電子ペーパーで構成することで全体の模様を変化させられるのが大きな特徴です…

続きはリンクで

vagabond 2017/5/10

きたアマゾンから第2弾

国内IoT家電のコントロールタワーとなるかもしれない。近未来感を捨て、音声コマンドという機能に拘った機器「Echo show」。この名前は覚えておいたほうがいいだろう。呼びかけは”Alexa”というコマンドだ。

engadget日本版 Ittousai , @Ittousai_ej 8 時間前 in Ai

速報:アマゾンEcho Show発表。画面がついて本気を出したAlexa会話操作コンピュータ

タッチ画面でもハンズフリー

うわさどおり、米AmazonがEchoファミリーの新製品Echo Showを発表しました。

Echo Showは7インチのタッチ画面を備え、声だけでなく文字や写真や動画で「見せる」機能を手に入れたEchoデバイス…

続きはリンクで

vagabond 2017/4/28

誤記載問題と書いてはいるが、単純に、ノーコンセプト・人手不足によるチェック体制の不備といったところだろう。

スピード重視のため、丁寧な対応がきちんとできない瑣末な企業になったということなんだろうな(120Hzが60Hzならこれは詐欺レベル)。今時ありがちな、隙間を縫って既存企業にない価値観をという他力本願ありきの考えで、売れれば何でもよいというのは、些か企業・起業というものをなめているじゃないかなと思う。

今までにないものを生み出そうと努力することは大変いいことで、賞賛されるべきものだが、隙間にはいるような「ものづくり」をやらない企業が、リスクヘッジすらきちんとできないのなら、存在しないほうが世のためだろう。ユーザーが大ケガなどして取り返しのつかない事態を招く前に、周りが気づくかどうかだな。

engadget日本版 中山智(Satoru Nakayama) , @yenma 2017年4月26日, 午後08:25 in Upq

スペック誤記載問題を問う。UPQは消費者とコミュニケーション不足ではないか?

自社都合を優先する企業をユーザーがいつまで支えてくれるのか?

UPQが製造したディスプレイが「120Hzの倍速駆動」としていたのにもかかわらず、実際は60Hzでしか動作しておらず、誤記載であったことを発表した問題がネット上を騒がせています。
これについて筆者は「またか」という印象とともに、UPQがどの方向を向いて製品を提供しているのか疑問に感じています…

続きはリンクで

vagabond 2017/4/21

いいんだけど高い。SONYっぽいのがきたなぁという感じを久しぶりに懐くのだが、いかんせん高い。おそらく半額くらいだと筆者もいけるような気がする。しかし、プロジェクターとして100ルーメンは暗すぎだな。せめて1000位はほしいところだ。まあ、あれこれ言うのも、現物見てからのほうがいいかな。最近オープンしたソニーストア札幌にちょっと行ってみるか。

engadget日本版 Ittousai , @Ittousai_ej 19 時間前 in Android

速報:ソニーの投影型コンピュータXperia Touchは15万円、6月24日発売

タッチできるのは23インチ投影まで。

ソニーがプロジェクター一体型のAndroidデバイス Xperia Touch を国内向けに正式発表しました。
Xperia Touch G1109 の発売は6月24日。価格はオープン、実売予想 税別 15万円前後…

続きはリンクで

vagabond 2017/4/19

期待値は非常に高い。和製テスラではないといっても、そう呼ばれるようになるだろう。

観音開きのシザース調のドアなんて、奇をてらった以外の何ものでもない(笑)。静粛性も売りの一つなのだろうが、歩行者や自転車のりにとっては危険なものとなる可能性が強い。殆ど無音の車が、かなりのスピードで後ろから近づいてきたら恐怖だろう。とはいえ、純国産で長距離を運転できるスーパーカーなら、人気になるのも頷ける。実際、今朝のNHKニュースにも出ていたな。

engadget日本版 小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI) 17 時間前 in Automotive

「和製テスラではない」京都のGLMがEVスーパーカー「G4」発表。 航続400km、19年に量産

EVをプラットフォーム化するビジネスも展開

「和製テスラではない」ーーそう語るのは日本発のEVメーカー「GLM」の小間裕康社長です。同社は、EVスーパーカーの「G4」を2019年に量産開始すると発表。1000台の限定生産で、想定価格は4000万円です…

続きはリンクで

vagabond 2017/4/17

手短にAIを試してみたいならいい選択だろう。

こういったことも、プロの手から離れて、一般市民が手軽にできる時代になってきたんだなと変な感慨いが湧いてくる。また同時に、クリエイター達は受難の時代になってくるのだろうかと一抹の不安を覚えるのは杞憂というものだろうか。

engadget日本版 Kiyoshi Tane 2017年4月12日, 午後02:30 in ai

Google、素人の絵を「こう描きたいんでしょ」とリライトするツール『AutoDraw』公開

自分の絵心のなさに絶望せずに済む日がやっと来た…

Googleは、WEBブラウザで動作するお絵かきツール「AutoDraw」を公開しました。PC・スマートフォン・タブレットで、完全無料で利用できます。

目玉は、ユーザーの絵を自動でリライトする機能。フリーハンドで引いた線を人工知能が解釈し、プロが描いた本格的なイラストに置き換えてくれます。絵筆とキャンパスがあっても、絵心がなく心折れる人も少なからずでしたが、そんな暗黒の日々にピリオドを打てるかもしれません…

続きはリンクで

vagabond 2017/3/29

現代において、これほどまでに、情報格差が広がり意識された社会は未だかつてなかったのではないだろうか。

身分格差というものが厳然とあった時代には、知るものと知らないものという格差も当然存在し、誰しもが然程疑問を懐くことなく生きていた。しかし、現代においては、権利や機会の均等性、また報道の自由といった人々の均等化が積極的に推進されたため、誰しもが可能性を追求できる時代に突入してきた(ただしこれらが保障されている富裕な国や地域に限られるが)。その結果、能力や備え持つ経済力によって新たな格差が生じている。「デジタルデバイド」と言えば聞こえはいいが、簡単に言えば情報弱者の切捨てという意味を内包する。それらを人間の生命維持のために使用しだしたならば、後戻りは不可能となるだろう。存亡の危機に立つ時期が必ず来る。

おそらくそんな危機感を持つものの一人、”イーロン・マスク”がその危機感への対抗策を具現化し始めた。ただ、その対抗策は毒を持って毒を制すという方法のようだ。

engadget日本版 Munenori Taniguchi 17 時間前 in Robots

イーロン・マスク「脳とAIの接続」目指す新企業Neuralink設立。人の能力をAIで強化する技術を開発へ

自分の頭をテスラにつないで、ナビの設定ができる(できない)

世界でEVを売り、ロケットを爆発打ち上げ、人を詰め込んだ巨大エアシューターのアイデアを出し、ロサンゼルスに穴を掘る男イーロン・マスク氏が、今度はAIシステムを新会社Neuralink設立を発表しました。Neuralinkが開発するのは、人の脳に微細な電極を埋め込み、その思考を直にAIシステムに伝送する技術。

といっても、映画「マトリックス」のように人間に埋め込んだ電極から生体エネルギーを取り出して機械やコンピューターを動かそうとかいうブラックな話では当然なく、むしろ人の健康維持や能力の改善などを目的としたものとなるとのこと…

マスク氏のような発想ならば、楽しいだろうが、筆者はあまり楽観視していない。技術を持つものがいい人とは限らないからだ。ちょっと真面目な投稿でした。興味のある方はリンクを参照してください。

vagabond 2017/3/21

いまいちカッコよくない。

確かにモンブランにしては安い気がするが、筆者的に、文字板が全く気に入らない。まあ、この前書いたタグホイヤーよりは良さそうなんだが、ベゼルと文字板のデザイン、もうちょい何とかしてくれー。あと肝心の機能面だが、画面をいじってスマートウォッチ化すると、ほぼ moto360 だなこれ。

engadget日本版 山本竜也(Tatsuya Yamamoto) 2017年3月17日, 午後07:30 in Androidwear

あのMontblancがスマートウォッチ参入。高級腕時計のイメージを引き継ぐSummitを発表、890ドルから

約10万円とお高いですが、Montblancにしては安い気がします

今週初め、タグ・ホイヤーがモジュール式の高級スマートウォッチ「Connected Modular 45」を発表しましたが、時計やレザー製品、万年筆などの高級ブランドとして知られているMontblanc(モンブラン)も同社初となるスマートウォッチSummit(サミット)を発表しました…

続きはリンクで

vagabond 2017/3/16

懲りずに次のバージョンを出してきたか TAG Heuer。なんか微妙にチープな感じがするんだよね。

前回よりは、モジュール化で、だいぶ機能面で使いやすくなったようなんだが、見た目のベルトと文字板がやっぱりいけない。フラットデザインの故なんだろうが、内側に影ができない。また、外側のベゼルの主張が足りないな(しっかり盛り上げたほうがいいような気がする)。ないものねだりといえばそうなんだが、筆者的には、どうにも、いまいち購入意欲が湧かない。

engadget日本版 Munenori Taniguchi 2017年3月15日, 午前07:00 in wearables

タグ・ホイヤー「Connected Modular 45」スマートウォッチ発売。自分仕様にカスタム可、追加モジュールも用意

アナログ式の本体も追加購入可能

タグ・ホイヤーが、Android Wear 2.0搭載の新スマートウォッチ「Connected Modular 45」を発表しました。3月15日よりウェブサイトおよびタグ・ホイヤー正規取扱店にて発売します。税抜価格は17万5000円から72万5000円…

続きはリンクで