vagabond 2017/6/7

なんかいろいろ凄いな。禁止する方と、それに真っ向対応する方と、なかなかな映像だな。

この男性、愛犬家だろうか。脇のハスキーもしっかりバッグ内に座っていておりこうさん。こういうワンコはリーシュのみでもいいような気がするが、犬嫌いな人がいては、それも無理か。

秒刊SUNDAY 2017年06月07日13:01

【全力過ぎ!】ニューヨーカーが犬を連れて地下鉄に乗り込んだ結果→斜め上過ぎる発想に驚愕!

昨今のペットブームで、ワンちゃんや猫ちゃんを飼うご家庭が増えてきましたね。ペットと言うよりも家族と言っても過言ではないでしょう。お出かけする時は家族と一緒。そう考えるのも自然の事です。公共交通機関では、バッグの中に入れる等してマナーを守って乗車することでペットとの外出が可能となりますが、ニューヨーカーのドッグキャリー事情は日本人の常識の斜め上を行くようです…

続きはリンクで

vagabond 2017/6/6

えーっと、日本では徐々に在宅ワークなるものに切り替わりつつあるんですが、一週回って周回遅れ的な流れなんかな。

確か先月くらいにIBMが在宅社員数千人をオフィスに切り替えって情報の流れからの記事なのかもしれないな。まあ、IT系で勤務時間が4時間を切るような人たちには、在宅でもいいような気がするんだが、どうなんだろうな。筆者的には、ノマドに憧れがあるな。

LifeHacker 2017.06.06

私が在宅勤務をやめ、コワーキングスペースに通い始めた理由

在宅ワーカーの私の通勤は、寝室を出てゾンビのような足取りで30歩。いつでもどこでも働けるこのスタイルに感謝しているものの、ときにこの状況が嫌になることがあります。なぜなら、家で働いていると、少しずつ正気が奪われていくからです。

私はさすらいのライターとして、2015年から世界中を転々としながら働いています。今年の初めからは、ロサンゼルスに住み始めました。ここは渋滞がひどく、通勤に何時間もかかるという人も珍しくありません。その地で私は、家を出て働こうと決めました。通勤時間2分で無料の自宅オフィスを、通期時間40分で家賃500ドルのオフィスとトレードしたのです…

続きはリンクで

vagabond 2017/6/5

山田孝之 (C)モデルプレス

昨日たまった録画番組を一気見していたら、話題が偶然にもヒット(とりあえず魔王の城編)。低予算と言い切る潔さと、友情出演の俳優が豪華なんだが、中でも、筆者的に「ヒサ」が気になったな。今後どういう扱いになるんだろう。週末の悪霊の鍵をしっかり見てみるか。大仏アーが気になる方はこちら→ https://www.sdp-sp.net/yoshihiko-tour

livedoor news 2017年6月4日 19時52分

「勇者ヨシヒコ」、幕張で8時間に及ぶ巨大フェス開催へ 山田孝之、ムロツヨシら大集合

【勇者ヨシヒコ/モデルプレス=6月4日】テレビ東京の人気ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズが、8月27日に千葉・幕張メッセで巨大フェス「ダイブイキタクナルツアー」(略称:大仏アー)を開催することが分かった…

続きはリンクで

vagabond 2017/6/2

見るからに気持ちよさそうなのはわかるのだが、ちょっとぼり過ぎじゃないか。一桁間違って見えたわ。ソファと同じに考えましょうというのは無理筋だと思うぞ。

LifeHacker 2017.06.01

仕事モードから完全なリラックスモードまで対応できるイス【今日のライフハックツール】

『Varier Gravity Balans』は、ロッキングチェアのような見た目を持っていますが、実際にはリラックスするためだけのイスではありません。

作業に集中したいときには、きちんと背筋を伸ばして腰掛けることができ、仮眠をとりたいときには、ふわふわと浮いているような無重力感覚を味わいながらリラックスできるという、多機能チェアなのです…

続きはリンクで

vagabond 2017/6/1

残念だなと一瞬思いましたが、上の画像を見ると、早めに移行するのが良いと思います。大きめな公園で、ペット可の散歩コースメインで、ジブリワールド全開でいいんじゃないか。ついでにアニメーターの学校やスタジオもつくっちゃえ。

秒刊SUNDAY 2017年06月01日08:22

【悲報】モリコロさん終了!愛・地球博公園が「ジブリパーク」に変更!

2005年に愛知県で行われた万博「愛・地球博」は当時様々なトラブルを抱えつつも、様々な素晴らしい思い出と次世代へのお土産を残し幕を下ろしました。特にオフィシャルキャラクターであったモリゾー・キッコロは、その後もイベントで活躍するなど様々な余波を生みました。その後公園は「モリコロパーク」として名前が残りましたが、それも消えるようです…

続きはリンクで

vagabond 2017/5/31

hans-vivek-219594

hans vivek https://unsplash.com/photos/meS9tfs9CWE

すごい手捌き。マジシャンとして一流なんだろう。

コインの瞬間移動は見たことがあるが、移動からの変化・花びらに変わるのはじめて見た。一枚ずつではなく、一気に一輪に変化するほうがより豪華で綺麗だったような気がするが、いずれにしても素晴らしいマジックだ。

GIGAZINE 2017年05月30日 19時00分00秒

手をかざすだけでコインがバラの花びらに変わっていくマジックが「信じがたい」として話題に

コインに手をかざすだけでコインが瞬間移動したり、バラの花びらに変化していったりするマジシャンのWill Tsai氏のマジックが話題となっています。アメリカのオーディション番組「America’s Got Talent」で披露されたマジックは、カードや覆いなどの隠すものがない状態で次々にコインが変化していく様子が魔法のように見える一方で、YouTubeのコメント欄はトリックの推測大会となっていました。

This is my performance on America’s Got Talent!… – Will Tsai – The Visualist

続きはリンクで

vagabond 2017/5/30

確かに記載のとおり。幸いにも筆者の周りには見当たらないが、密かに隠れているのかもしれない。

各地域で規制や勧誘など様々なのだろうが、公的に認められないのは何がしかの理由がある筈。世界各国・各地域で先に固まっている宗教があるなどの理由かもしれないが、些か狂信的な部分は何れの活動にもあるような気がする。とはいえ、信じる信じないは個人の自由。カルト・セクトと呼ばれても当人達は揺るがないだろう。それが宗教というものなのだから。

反カルトに興味のある方はこっちへ→ウィキペディア:政府の文書によってセクトと分類された団体一覧

LifeHacker 2017.05.27

「危険なカルト集団」の見極め方

何食わぬ顔で、新入社員が「インディーズのロックバンドでベース弾きません?」と誘ってきたとします。もしくは友だちの友だちが「無料のヴィーガン(完全菜食)のブランチを食べない?」と言ってきたり、義母が「人生を変えるような在宅ビジネスのチャンスがあるの」と言ってきたりするかもしれません。そんな、わけの分からないオファーを受けると、終いには死んだ魚みたいな目をして、燃え盛る五芒星の回りを、血の償いをするために踊ることになりかねません。そんな人生は誰も望んでいないと思います。

続きはリンクで

vagabond 2017/5/29

これ日本国内なら、不買運動必発事案だ。

BK当事者は洒落のつもりかもしれないが、全く笑えない。遥か海の向こうの遠くの話だが、札幌市内にもフランチャイズ店はあり、国内マスゴミで大きく話題になってないのが救いかもしれない。しかし何故ベルギーなんだろう。

Sputnik 日本 2017年05月29日 02:57

ベルギー王室は、米ファーストフードチェーン大手バーガーキングの広告がフィリップ国王の尊厳を侮辱しているとみなし、激しく批判した。BBCが報じた。

ベルギーで6月末に事業を開始する予定のバーガーキングは、フィリップ国王とバーガーキングのどちらかを選ぶよう促す広告をネットに掲載した。

なお、ユーザーがベルギー国王を選んだ場合は、本当にそれでいいのかと確認する2重のシステムとなっており、「それでいいの?だって彼はフライドポテトをつくれないよ」と問いかけられる…

続きはリンクで

vagabond 2017/5/26

まあ普通に、日本国内でDQNといえば、ウィキペディア「DQN」のことなのだが、世界は広い。情強ならやはりgoogle等のAI言語関連情報をイメージするだろう。

OpenAI(非営利団体)が、DeepMind社もAI開発に使っている「Deep Q-Network」をオープン化するという。例のイーロンマスクが絡んでいるようだが、これでAI界隈も少しハードルが下がるのだろうか。

GIGAZINE 2017年05月26日 12時30分00秒

「DQN」とその3種のバリエーションの強化学習アルゴリズムを人工知能の研究団体「OpenAI」が公開

テスラやSpaceXの創業者として知られるイーロン・マスク氏は、人工知能(AI)の非営利団体「OpenAI」の設立にも携わっています。このOpenAIが、強化学習アルゴリズム(RLアルゴリズム)の高品質な実装である「OpenAI Baselines」のうち、Deep Q-Learning(DQN)と3種類のバリエーションを公開しました…

続きはリンクで

vagabond 2017/5/25

image: © ATELIER SENTÔ via Atelier Sentô/YouTube

ちょっと面白い。
フランス人が作ったというから驚きだ。他国の文化をよく知っている。柳田國男を読んでいるのかな。まあ一遍映像を見てくれ。

GIZMODO 2017.05.24 20:16

日本の幽霊話がモチーフの無料ゲーム『幽霊ステーション』

目に見えない存在に見られている…。日本の幽霊話にインスパイアされたAtelier Sentôによる美しい無料ゲーム『幽霊ステーション』。全編『日本昔ばなし』を彷彿とさせるような美しい手描きのグラフィックに、どこか懐かしいような、コワイような、独特の雰囲気に包まれる作品です。

Atelier Sentôはフランス人のCécile BrunさんとOlivier Pichardさんからなるチーム。ポイント・アンド・クリック式のこのゲームは、フランスの都市ナントにあるグラフィックアートの学校La Joliverieで行なわれた「le Pôle des Arts」という2日間のワークショップで2人が25人の生徒とともに完成させた作品です。短いながらも完成度が高く、たった2日で作ったとは思えないほど…

続きはリンクで