vagabond 2017/7/14

国内的には、「内視鏡の日」や「ゼリーの日」ということになっている本日。やはり、一般的にはこっちだろう。

フランス観光 公式サイト

7月14日:「行こう祖国の子らよ…お祝いの時だ!」

「暴動か?」とルイ16世はロシュフーコー公爵に尋ねた。 「いいえ陛下。革命でございます。」 この、ルイ16世腹心の部下の答えが発せられたのは1789年7月12日のことでした。2日後、王による専制政治の象徴であったバスティーユ監獄は攻め落とされたのです。 その勢いは止まらず、1789年8月26日にフランス人権宣言が採択されました。「人は権利において、生まれながらにして自由かつ平等である」という言葉は、多くの西洋の民主主義国家において模範とされました。そして7月14日はフランス国民の祝日として世界中に知られることとなったのです。 1880年以降、フランス全土がこの日をお祝いし、国歌『マルセイエーズ』の音に合わせて、その誇り高い歴史を振り返るのです。
Read more at: http://jp.france.fr/ja/events/87063

今日ぐらいは、誇り高き、かの国の人々に、Liberté, Égalité, Fraternité をじっくりと楽しんでもらいたい。

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中