vagabond 2017/5/30

確かに記載のとおり。幸いにも筆者の周りには見当たらないが、密かに隠れているのかもしれない。

各地域で規制や勧誘など様々なのだろうが、公的に認められないのは何がしかの理由がある筈。世界各国・各地域で先に固まっている宗教があるなどの理由かもしれないが、些か狂信的な部分は何れの活動にもあるような気がする。とはいえ、信じる信じないは個人の自由。カルト・セクトと呼ばれても当人達は揺るがないだろう。それが宗教というものなのだから。

反カルトに興味のある方はこっちへ→ウィキペディア:政府の文書によってセクトと分類された団体一覧

LifeHacker 2017.05.27

「危険なカルト集団」の見極め方

何食わぬ顔で、新入社員が「インディーズのロックバンドでベース弾きません?」と誘ってきたとします。もしくは友だちの友だちが「無料のヴィーガン(完全菜食)のブランチを食べない?」と言ってきたり、義母が「人生を変えるような在宅ビジネスのチャンスがあるの」と言ってきたりするかもしれません。そんな、わけの分からないオファーを受けると、終いには死んだ魚みたいな目をして、燃え盛る五芒星の回りを、血の償いをするために踊ることになりかねません。そんな人生は誰も望んでいないと思います。

続きはリンクで

広告

1 thought on “vagabond 2017/5/30

  1. 氏名 片桐奈加子 平岡幸江
    会社名 アストラゼネカ株式会社
    訪問先 舘先生
    宣伝内容等 担当のご挨拶

    いいね

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close