vagabond 2017/5/16

The Nicolas Cage suit

バカもここまでいくと立派。

このネタにされたニコラス・ケイジ氏は、コッポラ監督の甥っ子という俳優界のサラブレッドだが、ビジュアル的に決して2枚目ではない。むしろ、とろくさいおっさんにしか見えない。
しかし、この微妙ともいえる、ある意味現実的なこの方は、コアなファンがいることでも有名なのだ。筆者的に強烈なのは、やっぱゴーストライダーの変身シーンかな。そのうち、チャック・ノリスならぬニコラス・ケイジ・ファクトみたいなのができたりしてな。

GIZMODO 2017.05.15 10:09

史上最も奇妙な全身タイツ「ニコラス・ケイジ・スーツ」

ニコラス・ケイジといえば、『リービング・ラスベガス』、『フェイス/オフ』、『ナショナル・トレジャー』、『ウィッカーマン』などなど、名作からカルト作品からアレな作品、そしてパチンコのCMまで、さまざまな場面でハイテンションな演技を見せ、一度見たら忘れられない顔と表情を私たちの心に焼き付ける男。

みんな大好きニコラス・ケイジですが、『ゴーストライダー』シリーズや『キック・アス』にも出演している彼はアメコミが大好きです。芸名のケイジはMarvelの『ルーク・ケイジ』から名付けていますし(本名はニコラス・キム・コッポラで、あのフランシス・フォード・コッポラの親戚)、息子の名前はカル=エル(スーパーマンの本名)です。にも関わらず、ニコラス・ケイジをスーパーマン役に抜擢した映画『Superman Lives』は制作中止になってしまったという過去もあります…

続きはリンクで

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中