vagabond 2017/5/12

そうか、とうとうこんな時代になってきたか。

古来、盗聴などというある意味高度な技は、ごく一部の限られたものの技術だったのだが、こういったデバイスが普及すると、低いハードルで比較的短時間で一般化されてしまうのだな。まずは記録媒体としての有用性を国家権力が認知したということなのだろう。

GIZMODO 2017.03.10 22:05

殺人事件の証拠として「Amazon Echo」の録音データを提出へ。次世代の警察捜査の予感

IoTが行動の証拠に…。

「Amazon Echo」や「Google Home」など、続々と私達の日常生活に普及しつつある音声アシスタント端末。しかし何をアシスタントに尋ねたのか、何日何時何分に話しかけたのかなど、非常にパーソナルな情報を抱えているデバイスでもあります。

そんな音声アシスタントのプライバシー問題に注目が集まったのが、2015年11月にアメリカのアーカンソー州で起きた殺人事件の捜査です。事件の内容は、容疑者のAndrew Batesの自宅のバスタブで、被害者であるVictor Collinsの死体が見つかったというもの。

そしてThe Informationのレポートによると、その殺人が起きたとき、バスタブの近くに音声アシスタント端末のAmazon Echoが設置されていたことがわかり、「ちょっとこのEchoのデータ提出しなさい」と警察からAmazon(アマゾン)に令状が出されたんです…

続きはリンクで

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close