vagabond 2017/3/9

マレーシアで鶏から鳥インフル検出、H5N1型
3月9日、国際獣疫事務局(OIE)は、マレーシア農業・農業関連産業省から同国北部で高病原性のH5N1型鳥インフルエンザが発生したとの報告があったと明らかにした。OIEが公表したマレーシア農業省の報告によると、ウイルスが検出されたのはケランタン州の農場で飼育している鶏。写真はマレーシア・ジョホール州のヤンペンで飼育されるにわとり。2015年4月撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

中国やカンボジアだけでなく、他の国からも発生の報がでた。今回はH5N1で、より身近に感じられる鳥インフルエンザだ。ヒトヒト感染する高病原性なら、相当に厄介なウイルスになる。飼育の鶏は処分されたようだが、やはり、東南アジアは気が抜けない地域だな。

ロイター [パリ 8日 ロイター]

国際獣疫事務局(OIE)は8日、マレーシア農業・農業関連産業省から同国北部で高病原性のH5N1型鳥インフルエンザが発生したとの報告があったと明らかにした。

OIEが公表したマレーシア農業省の報告によると、ウイルスが検出されたのはケランタン州の農場で飼育している鶏。26羽全てが処分された。

H5N1型はここ数週間にカンボジアで感染が確認された…

続きはリンクで

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中