vagabond 2017/3/6

都市型サービスの一環となる可能性を秘めている。

開発動機は、人件費の節約という意味合いが強いと思う。しかし、現在の日本に限って言えば、人手不足が顕著になりつつある分野に朗報となるだろう。受渡時の一定のルール作りが必須になるだろうが、安全に走行するのであれば、一般市民からの受け入れのハードルは低いだろう。特定の場所で、大量に稼動していると薄気味悪いが、通り道に1台程度なら寛容されるに違いない。

GIGAZINE 2017年03月03日 15時00分00秒

ロボットによる自動配達を認める法律が世界で初めて施行されロボット配達が解禁へ

ロボットで荷物を配達することを許可する新しい法律がアメリカのバージニア州で施行されることになりました。この法律により、地上で動作する自律型ロボットによる配達サービスが可能になります。

Virginia is the first state to pass a law allowing robots to deliver straight to your door – Recode
https://www.recode.net/2017/3/1/14782518/virginia-robot-law-first-state-delivery-starship

IT関連のメディアのRecodeによれば、荷物を配達するロボットが歩道や横断歩道を走行することを許可する法律が、アメリカのバージニア州で2017年7月1日から施行されるとのこと。この法律の草案は、バージニア州のRon Villanueva議員とBill DeSteph議員が、エストニアに本社をおく地上配送ロボティクス会社のStarship Technologiesと提携して作成したものになります…

続きはリンクで

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中