vagabond 2016/12/13

tuna

やはりそうか。マグロが好きな筆者としては残念だな。アジア圏からの水銀の放出が減っていないということなんだろう。日本海の向こう側にある一大消費国が最大の原因だろうが、日本でも原発事故以来、発電に石炭消費を増やしているのだから、あまり人のことは言えないな。やはり、太陽光が今後の主流になるのだろうか。

WIRED 2016.12.11 SUN 09:00

マグロ中の水銀濃度、アジアの海では減少せず:研究結果

米国の研究者が2004〜12年の間に捕獲されたマグロに含まれる水銀濃度を調べたところ、火力発電などに使われる石炭利用量が北米で減っていることから、大西洋では水銀濃度は減少傾向にあることがわかった。一方、アジア地域の水銀汚染はいまでも拡大している。

TEXT BY SCOTT K. JOHNSON

TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

ARS TECHNICA (US)
PHOTO: REUTERS / AFLO

石炭の燃焼によって大気中に排出された水銀は、海水にも降り注ぐ。水銀は魚介類の体内に入り込んで蓄積される…

続きはリンクで

広告

氏名、社名、訪問先、宣伝内容を入力してください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中